KII・TANABE STUDIO

よくある質問 お問い合わせ

【NEWS】

2017.12.18  

磐盾のコートハウス OPEN HOUSEのご案内

磐盾のコートハウス_キャッチ

 

12月23日(土)、24日(日) の2日間、新宮市磐盾にて見学会を開催いたします。
11:00~17:00 ※24日は10時~

今回のお家の魅力を少しだけご紹介します。


敷地はゴトビキ岩で有名な神倉神社を戴く神倉山のふもとにあります。北側に熊野本宮に抜ける交通量の多い道路に面しています。現在のお住まいで湿気によるカビに悩まされた建築主は、新居には明るくて風通しのよい家をご要望でした。そこで私たちがご提案したのは、水回りとLDKをともに南面させたC型の平屋です。中庭をぐるりと囲むレイアウトとすることで、水回りとLDKをともに南面させて、採光と通風をどの部屋でもとりやすくしています。また将来のご両親との同居をふまえて、中庭を中心に据えることで諸室に適度な独立性を持たせています。
杉本氏顔写真
一級建築士事務所 シンクスタジオ
杉本 清史


 

――― お施主様の家づくりストーリー ―――

1.結婚当初からマイホームを建てたいと思っていた
8年前にご結婚され、賃貸マンションに暮らしていたH様。2人のお子様(男の子)に恵まれ生活をしていましたが収納が少なく 部屋に衣類やおもちゃが溢れかえる状態に。賃貸の為、室内での遊びはご近所に気を遣う毎日でした。『集合住宅ではない広々とした収納のたっぷりある持ち家で子どもたちを気兼ねなく遊ばせてあげたい』という気持ちから土地探しを続けていました。
マイホームへの憧れ2

2.たまたま訪れた相談会。そこでH様が衝撃を受けた言葉とは・・・!?
お子様が生まれてから、H様はご両親と共に小旅行に行く機会が増え田辺白浜方面へよく出掛けるようになりました。新庄公園やBig・Uをよく利用しており、たまたま弊社がBig・Uで開催していた建築家との相談会のチラシを目にし、『家づくりのイロハを聞ければ』という気持ちで参加されたとの事。参加する前は、“ハウスメーカーとは違う個性的な家を建てるのが建築家”という先入観だったのが、建築家一人ひとりと話をすると、各建築家の熱意が強く伝わってきたとH様は仰います。建築家と話をしながら、弊社代表とも話をしていたH様。話の中で中岡から、『絶対に損はさせん!!』 と気迫あふれる力強い言葉を受け、この人に任せてみようと思ったそうです。それから、弊社とH様のお付き合いがはじまりました。

3.建築家に対するイメージ変化と、家づくりへの要望
それから、H様は完成見学会にも足を運んでくださるようになりました。最初に訪れた見学会の住宅は『自分達には暮らしづらそう』と思ったそうですが、毎月届くダイレクトメールに同封されていた冊子などで、家づくりの夢が膨らみ要望が具体化していきました。
図4

4.苦労した土地探し・・・今の建築地に決定することができた
不動産会社のサイトで物件探し、新聞広告で土地情報を集めるという日々が長い間続きました。気がつけば2人目のお子様が生まれ結婚から7年が経った2016年の春のある日、ご夫婦で良いなと思っていた土地が売物件になっていました。さっそく不動産会社に問い合わせ、すぐに交渉に入り購入することになりました。

5.家づくりに大切なパートナー選び。施工会社はたっぷり悩みました。
H様は家づくりの選択肢として、建築家だけでなくハウスメーカーや他工務店の事例もご覧になっていました。それぞれの会社の個性があり魅力を感じていたのも事実でした。土地購入後は、地元工務店の完成見学会や遠くのハウスメーカー住宅展示場を毎週のように観に行きましたが決断が出来ないまま半年が過ぎ、(奥様)「どうする~」(ご主人)「中岡さんに相談して決める!」「納得できなければ…。某地元工務店か某ハウスメーカで!」というわけで3年ぶりにBig・Uのイベントへ来られました。3年ぶりのイベントで会場に入れず入り口でモジモジしていると、中岡から『H様』と声を掛けられました。ご自身のことを覚えていてくれたことに感激し、早速家づくりのプラン開始の相談をしました。そこで、イベントに来ていた杉本氏を紹介されプランニングを始めていくことになりました。

6.杉本氏への信頼が増した初回提案での出来事と、プランニング~工事期間の思い出
杉本氏の設計事例をこまめにチェックしていたH様。中でも、2016年11月に那智勝浦町で設計した建物のプランに魅力を感じていました。図3
初回提案を受けるまでは『弊社と杉本氏に決める!!』という感じではありませんでした。しかし、提案されたプランと模型を見て鳥肌が立ちました!!プランだけでなく、要望や悩みを真摯に受け止めてくれる人柄に信頼感を覚え、『この人達にお願いしよう』と決意を固められました。それからの打ち合わせは、イメージの共有や、細部の決定事項に関してメールで頻繁に連絡を取り合いました。上棟式の後には、中岡と一緒に食事をしたり、家づくり以外の部分でも交流を深めていきました。杉本氏の真剣な表情と笑顔で、安心感と信頼感をもって家づくりを進めていけたとH様は仰います。

 

―― H様のご要望とお家の見どころのご紹介 

H様は家作りを始めるにあたり、以下のご要望をお持ちでした。

・湿気によるカビの悩みから、新居は明るくて風通しよく、素足で歩ける家にしたい
・縁側でスイカを食べているようなデッキテラスへの憧れ!!何とか叶えたい!!
・外観は和モダンで重厚な感じ(あまり軽いイメージの建物にはしたくない)
・収納や将来子どものベッドに出来るようなロフトを付けて欲しい
・夏涼しく冬は暖かい家
・広いリビング
・両親と同居を考え玄関からすぐに入れる和室を設けたい(お互いが生活しやすい住空間に)
・玄関に入ってすぐに洗面台が欲しい
・トイレを複数にし男性用の小便器を付けて欲しい
・雨に濡れないガレージが欲しい
・汗まみれ泥だらけでご主人や子どもたちが帰ってきても気持ちよくお風呂に入れるような動線

 

たくさんのご要望から叶えたH様のお家のミドコロとは?

 

gaikan_02

▲外観は和モダンで重厚感が出る配色に。軽い印象にならないように暗めの外壁色を選択しました。外部に面した大きな窓がないのが特徴です。しかし、室内に入れば明るく風通しの良い間取りを体感できます。

 

gaikan_01

▲雨に濡れないガレージは、ご予算の関係で断念しましたが、少しでも雨にかからないよう玄関の庇を大きくしています。コストバランスを考えながら、H様のご要望に応えることのできた箇所です。

 

washitsu_01

▲奥様のご両親と将来同居する可能性がある為に設けた和室。ご家族の気配を感じながら、生活リズムが違ってもお互いにストレスにならないような間取りになっています。玄関から近く、LDKにもトイレにも近い。更に、和室でゆっくり坪庭を眺めることもできます。親御様にとって居心地の良い空間になることでしょう。

 

LDK_01

▲外観からは大きな窓が見えませんでしたが、実は中庭に面した大きな窓があります。プライバシーを大切にし、お子様が気兼ねなく家ではしゃぐことのできるスペースをつくりました。『足音を気にせず、思いっきり遊ばせてあげたい』奥様が願っていたことです。プロレスごっこやかくれんぼがしたいとお子さまはウキウキしています。また、『素足で歩けるリビング』は湿気に悩まされていたご家族にとって、待望の空間となりました。

 

playroom_01

▲現在お住まいの賃貸では物が溢れかえっていて、収納スペースがない事に不満を抱いていたH様。新居ではできるだけ多くの収納をつくりたいと希望されました。更にH様は収納だけでなく、お子様が楽しめる場所も担うロフトをご希望でした。そこで、杉本氏は勾配天井を利用し、こども部屋にロフトを設けました。わんぱくな2人のお子様がロフトの取り合いをしている姿が目に浮かびます。こども部屋から中庭に出る事も可能なので、個室に篭ってしまう心配も解消できそうな、そんな間取りです。

 

その他、H様のご要望が叶えられた箇所は、建物の随所に見られます。

ここでは一部のみのご紹介となりますので、H様のご要望がどのように叶えられたのか・・・

続きは見学会場でお確かめくださいませ!!

 

お施主様の声

初めて中岡社長とお会いした時の『絶対に損はさせません』という言葉がすごく記憶に残っています。当時から変わらず話しやすくて安心して相談ができる方です。子どもたちもリビング建築工房のスタッフさんに懐いていたことも印象に残っています。数年経ってイベント会場に行ったはいいものの・・・なかなか会場に入れずモジモジしていた時、我々家族のことを覚えていてくれて、気さくに声を掛けてくれました。あの時の感激は今でも思い出します。
実は、初めて参加した相談会で一番最初に話した方が杉本さんで、その後初めて参加した見学会の設計者も杉本さんでした。杉本さんがご自身でも仰っていましたが、「建築家さんの中には、ご自身のこだわりやカラーを前面に出すタイプの方もいらっしゃるのですが、私は違いまして…。」「気になることや思ったことはどんどん言っていただければ反映しますので。」というお話しを聴き依頼しようと思いました。また、シンクスタジオの担当スタッフの宮田さんにもずいぶんお世話になりました。温和な性格ですが、『駄目なモノは駄目!』『合わないモノはやめた方が良い!』とハッキリ言ってくれるので優柔不断な私たち夫婦としてはとても良かったです。建築家と進める家づくりは、時間もお金もかかるし、しんどいです。でも、ビックリするくらい期待感と達成感が得られます。模型だけでお酒を何杯も飲みました。完成したらどうなるか心配なくらいです。土地探しからの家づくりを体験して思ったのは、時間もお金もかけないと本当によいものは出来ないということ。極論ですが安くて良い土地はありません。安ければ気に入らないし気に入るところは高いです。どこかで自分自身や家族が納得できる着地点を見つけなければなりません。ですがリビング建築工房で家を建てると親身になって相談に乗ってくれます。それに一緒に悩んでくれる建築家さんを紹介してくれます。私たちは土地探しから完成まで約7年もかかってしまいましたが、これまでの道のりが険しかった分とても納得のいく良いお家が出来ました。リビング建築工房のスタッフさん建築家の皆さん、そして現場監督はじめ工事に携わっていただいたすべての皆様、本当にありがとうございました。

 

――― ミミヨリ情報 ―――

当日、会場ではお客様の家づくり相談を同時開催しております。

*家づくりを始めたいけれど、なにから手をつけたら良いのか分からない
*住宅を建てるなら建築家に設計を依頼したい
*一度プランを書いてもらいたい
*住宅ローンの相談がしたい
*リビング建築工房の家づくりについて詳しく知りたい
*建築費用について知りたい
*土地探しをしてもらいたい
*施工事例を見たい(他の見学会にも参加してみたい)

など、家づくりについてのご相談にお応えいたします。

今回の見学会に参加された方に限り!!
申込金なしで 建築家 杉本氏 によるプラン作成 & 提案を受けられます。
(通常、基本プラン作成時に申込金3万円が必要となります)
限定1組様とさせて頂きます。

 

見学会への参加・ご相談は無料です。
スタッフ一同、皆様のご予約を心よりお待ち申し上げます。

 

――― 見学会概要 ―――

開催日時:1223日() ・ 24日()

11:0017:00 ※24日は10:00

開催場所:新宮市磐盾 (※新宮浄水場近く)

map1

[ご見学条件] 

完全予約制 1日限定10
※ご予約優先となります。ご希望のお時間に添えない場合もございますので、予めご了承くださいませ。

※新築・リフォームをご検討中の方に限らせていただきます。
※お施主様のご厚意により見学会を開催しております。受付でお渡しする手袋を必ずご着用ください。
※お子様を連れてのお客様は、必ず手を繋いでご見学をお願いいたします。
※ご見学中のマナーを守っていただけない方は退出して頂く場合がございます。

 

―――  見学会のご予約  ―――

【 お電話でのご予約 】

  0739-22-2205

担当:土永(ドエイ)または十河(ソゴウ)
お電話口で「那智勝浦の見学会の予約です」とお伝えください。

【 Webからのご予約 】

お問合せフォームから、必須事項と参加希望日時をご入力いただきメールを送信してください。
メール確認後、担当者より再度ご連絡させていただきます。
お問合せフォームはこちらから☆