KII・TANABE STUDIO

よくある質問 お問い合わせ

【NEWS】

2018.02.23  

広野の家 OPEN HOUSEのご案内

新谷邸web用

3月3日(土)、4日(日) の2日間、みなべ町広野にて見学会を開催いたします。
11:00~17:00 ※4日は10時~

今回のお家の魅力を少しだけご紹介します。

 


田園が広がる里に敷地はありました。
既存母屋に若い世帯が住むとのことでの建て替えプロジェクト。
既存のハナレとの間に存在する内庭としての外部空間を介してのつながりを考慮しつつ、南側と東側に濡れ縁を回し、外部と内部のバッファーゾーンをつくりながら、新しいながらも伝統的な暮らしを営める住宅です。
1階も2階も共通のコンセプトですが、住宅なので施主さんのことを想像しながら、まとめて行きました。
施主さんご夫婦は寛容であり丁寧であり様々なものに関心を持たれつつも控えめで、それらが私には温かさを保った美しさとして伝ってきたので、それらに施主さんの暮らしかたを重ねていきました。
基本的にはワンルームの空間に寝室が付帯しています。
そのことにより年月共に穏やかに変わる生活に対して住宅も追従でき、家としての一つの大きな器と一緒に暮らすことが可能です。

 

図1

奥和田健建築設計事務所

奥和田 健


――― お施主様の家づくりストーリー ―――

 

1. 結婚当時からの夢と住まいの悩み

結婚して間もなく、奥様の祖父母様と一緒に暮らし始めたご夫婦。

当時は母屋に祖父母様、離れにご夫婦が住んでいて、

離れと母屋の移り替えをきっかけにリフォームをしようと考え始められました。
母屋は築90年の平屋で南側の一番陽が当たる部屋が仏間でした。居間や台所は全く陽が入らない間取りで、

部屋は暗くて日中でも電気をつけなければならず、土間の台所は寒くて足元から冷え込み、

窓や建具からの隙間風に悩まされていました。

家全体が陽当たり良く、明るい家に住みたいと思い始めました。

 

 

2. チラシで見かけた建築家と建てた家の見学会に参加

ある日、湯浅町で開催する見学会チラシを見かけご来場いただいたことが、弊社とご夫婦の最初の出会いでした。

今まで見たことの無いような白い外観はすごく印象的で、家づくりへの夢を膨らませながら参加してくださいました。

その時は将来の参考に、只々、建物が見たいという気持ちで見学会に参加していただいたそうです。

自分が今まで住んできた家と全く違うので興味深々だったと奥様は仰います。
同時期、BESSや無印良品で建てる家でも検討しておられました。

メーカーで建てる家は制約が多く、やりたいことが叶えられないと思い、

奥様は自身で色々な設計事務所を調べることにしました。

 

 

3.田辺市で参加した見学会の建物が理想通りだった

暗い!寒い!という悩みを改善したかったご夫婦。

4年前に訪れた弊社の見学会で見た建物が、自分たちの要望が詰め込まれている住宅でした。
・南側に大きな窓があり、LDKやこども室・寝室がある
・北側に収納や水周りが配置されている
・家の中全体が明るく、陽が差し込み暖かい
こういった点がご夫婦の希望にぴったりはまっていました。
見学会には、この建物を設計した奥和田氏が来ており、建てたい家のイメージや話しやすい人柄など、

奥和田氏に設計を依頼しようかな・・・という気持ちが膨らんでいったそうです。

シモミスノイエ_006

▲実際に訪れた田辺市の見学会 『シモミスノイエ』

 


―― 今回のお家の見どころのご紹介 

ご夫婦は家作りを始めるにあたり、以下のご要望をお持ちでした

・とにかく寒い!!陽が差し込み、暖かく明るい家にしたい。

・昔の名残を残しながら新しい住み方ができる家

・近所の方が気軽に縁側に来て入ってもらえる環境

・外観はシンプルに、メンテナンスが少なくて済む材料がいい

・ ちょっとしたプライベート空間が欲しい(周りの視線が気にならない場所で休憩したい)

・ ステンレスキッチンへの憧れ!絶対に譲れない!!

・ 毎年、裏の田んぼに掛ける鯉のぼりを2Fから眺められたら嬉しい

・ 靴を履いたままくつろげる、土間リビングなんてできないかな?

・ 古家の耐震診断結果が悪かったので、構造を強くして欲しい

・ 仏壇を毎日拝められる場所を作って欲しい

 

たくさんのご要望から叶えたご夫婦のお家のミドコロとは?

 

IMG_0863

▲模型の白い壁はモルタル仕上げ、黒い壁はガルバリウム鋼板仕上げになっています。メンテナンスが少なくて済むようにというご希望から、2Fの外壁はガルバリウム鋼板を採用しました。

 

 

IMG_0864

▲1F部分は軒が出ており、雨よけの目的や、夏の暑い日差しをシャットアウトする効果があります。また、お盆の時期には提灯を吊るすことができるようにしています。南面に大きな掃き出し窓が2枚、東側にも大きな窓があり、とても明るい室内です。ご夫婦のご希望が叶えられた、陽が差し込み、暖かく明るいお家となっています。

 

 

IMG_0872

▲昔からの暮らしをあまり変えずに、ご近所さんが気軽に縁側に来て話せる環境を新築で再現しました。また、離れに暮らす祖父母とも今までと変わらず交流できます。新築と離れの間にある庭は、ご夫婦が今後どのように使うか楽しみにしている場所です。ご親戚で集まってBBQをしたり、ハンモックを置いたり、芝生を植える計画を立てています。

 

 

IMG_0871

▲1F部分を上空から見た模型です。右側のグレー部分が土間として現代風にアレンジされている場所です。広いLDKに繋がる土間は、靴を履いたままくつろげます。左上には洗面脱衣室があり、浴室からは裏側の田んぼの景色を眺めることができます。お風呂は、奥和田氏の物件でよく見ることのある置きバスタブ。憧れる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

IMG_0870

▲2F部分を上空から見た模型です。寝室と広々としたフリースペースと、シンプルな間取りで構成されています。赤で囲んでいる場所はプライベートバルコニーです。プライベートバルコニーへは、フリースペース・寝室のどちらからでもアプローチできます。ここでお洗濯やお布団を干すのも可、まわりの視線を気にせずに日向ぼっこをして過ごすスペースとしても使えます。

 

 

その他、H様のご要望が叶えられた箇所は、建物の随所に見られます。

ここでは一部のみのご紹介となりますので、ご夫婦のご要望がどのように叶えられたのか・・・

続きは見学会場でお確かめくださいませ!!

 


 

お施主様の声

[計画時~完成まで]
最初、母屋をリフォームをしようと家づくりを考え始めたのですが、築90年の平屋に耐震面で不安を感じていました。
地震が来たら絶対に倒れてしまう建物だったので、出来るだけ早くどうにかしたいと思っていました。
様々な理由から着工が延びてしまいましたが、計画中に耐震改修補助金を利用できるとリビングさんからアドバイスを
いただき、補助金制度を利用することにしました。解体工事費分くらいは補助金が下りる予定なので、予算面で大変
助かりました。
母屋の耐震数値が悪かったので、新しい家は構造を強くしてもらおうと奥和田先生に依頼しました。構造を強くしている分、間取り希望では少し無理を言ったところもあったかもしれませんが、1Fにとても広いLDKを作ることができました。構造が強くなった建物で暮らすのはとても安心感がありますね。
最初は、仏壇を置くための和室を計画していました。LDKとつながった空間にしたかったので、間仕切りのない畳部屋
として考えていましたが、見学会で色々なお家を見ていくうちに 『畳間じゃなくて、置き畳でも良いかも』 と思うようになり、
畳間をフローリングに変えました。
希望が多かったので、細かい要望を叶えるために奥和田先生はじめリビングさんスタッフには何度も連絡を取り、相談しま
した。一生に一度の家づくりなので、絶対に後悔したくありませんでしたから。

[新しい住まいで楽しみにしていること]
主人は要望が少なくほとんど私にお任せだったのですが、土間やルーフバルコニーに趣味の植物を置こうと、すごく楽しみに
しています。こどもには1Fにも2Fにも広い空間があるので、大好きなプラレールの線路を大きく繋いで遊ばせてあげることが
できるので嬉しいです。ルーフバルコニーと庭をどのように使うかは、住みながら季節に合わせて考えようと思います。

[これから家づくりをする方へのアドバイス]
一生に一度の家づくりなので、色々な家を見学し、色々な会社を見たほうが良いですね。疑問に思ったことは何でも尋ねて
みる。形になっていった時に疑問に思ったり違和感を感じても、そのままにせず気になることは聞いたりスタッフさんに相談すると、みなさん親身に考えて応えてくれます。

 


――― ミミヨリ情報 ―――

当日、会場ではお客様の家づくり相談を同時開催しております。

・現代風にアレンジした土間の使い方
・室内仕上げに構造用合板をつかった空間の見え方
・耐震等級を上げるために必要なこと (間取りの制限、数値、証明書の発行手続き、費用など)
・耐震改修補助金制度を利用した家づくりのこと
・建築家とつくる家が完成するまで(家づくりのながれ)
・一般的な家づくりと、建築家と建てる家づくりの違い(提案の方法、計画の進め方、費用など)
・家はいつが建て時?後悔しないための住宅ローンの借り方
・増税に関わる経過措置のお話

など、どんな家づくりのご相談でも承っております。お気軽にスタッフにお尋ねくださいませ!

―― 見学会概要 ―――

開催日時:33日() ・ 4日()

11:0017:00 ※4日は10:00

開催場所:みなべ町広野  高城中学校近く (※みなべICより上南部方面へ約15分)

今回は諸事情により地図を記載できません。
ご見学希望の方のみ開催場所地図をお見せいたします。何卒ご理解くださいませ。

 

[ご見学条件] 

完全予約制 1日限定10
※ご予約優先となります。ご希望のお時間に添えない場合もございますので、予めご了承くださいませ。

※新築・リフォームをご検討中の方に限らせていただきます。
※お施主様のご厚意により見学会を開催しております。受付でお渡しする手袋を必ずご着用ください。
※お子様を連れてのお客様は、必ず手を繋いでご見学をお願いいたします。
※ご見学中のマナーを守っていただけない方は退出して頂く場合がございます

 

―――  見学会のご予約  ―――

【 お電話でのご予約 】

  0739-22-2205

担当:土永(ドエイ)または十河(ソゴウ)
お電話口で「那智勝浦の見学会の予約です」とお伝えください。

【 Webからのご予約 】

お問合せフォームから、必須事項と参加希望日時をご入力いただきメールを送信してください。
メール確認後、担当者より再度ご連絡させていただきます。
お問合せフォームはこちらから☆

 

 

 

見学会への参加・ご相談は無料です。
スタッフ一同、皆様のご予約を心よりお待ち申し上げます。